18-19『SPARK R&D』ARC PRO詳細と変更点をUP!

18-19『SPARK R&D最新最軽量のスプリットボード用Tesla -T1 ARC PROバインディングは、細部にまで渡り特別な素材や製法を採用。剛性を損なわずに”驚きの軽さ“を実現!


SPARK R&DTesla -T1 ARC PRO(1104g/Medium Pair) ¥80,000+税

各部の詳細や定番機種との相違、またカタログ雑誌に掲載のモノから仕様変更された点など下記に記載しました。


非常に軽くフィット感抜群の樹脂製Pillow Lileストラップ素材更に従来比20%軽量なPedax

ストラップ本体以外のアジャスター&ラダーにも軽量Pedax素材を採用


カーボンを配合し強化&軽量化されたPRO専用新型ハイバック


歩行&滑走モード付き前傾調整の金属パーツは全て軽量7075アルミ合金製


定番ARCは同形状ですが、樹脂ハイバック&ネジ類はステンレス製


ヒールループに軽量で剛性の高い7075アルミ合金を新採用。剛性UPに伴い肉厚も薄く


ストラップ/ヒールループなど各部取付ネジ類のハードウエアに従来比65%軽量な7075-T6アルミ合金製を採用(定番機種はステンレス製)
 
ブラケット取付ネジ類もステンレスから7075-T6アルミ合金製にする念の入れ様


18-19ベースプレート&つま先スナップランプの肉厚を薄く改良写真はARCの対比ですが、18-19仕様のベースプレート類はPROも共通
 
18-19スナップランプは開閉操作も従来よりも更に軽やかに!

*カタログや雑誌記載と違う18-19 PRO製品版の変更点【Fusion Molded Touring Brackets採用が見送られます
当初18-19 T1 Binding用に予定していたモールド製ブラケット採用を見送り、実績ある従来のアルミ合金製Tesla/T1 V4 touring bracket新型PROを含めた全シリーズに標準装備。それに伴い、モールド製ブラケット専用予定でしたPRO Seriesは仕様変更がされています。

Pro series Bindings製品版の変更点
ブラケットへの接合部分であるピボットピン素材が7075 T-6アルミ合金からステンレス製へと変更。こちらはPRO専用の中空加工が施され、標準仕様のピボットピンよりも33%軽量化されています。当初はモールド製ブラケットのみへ対応予定でしたが、従来のTesla/T1への装着が可能に。

IBEX PRO Crampon製品版も仕様変更されました。詳細はこちら

そうそう、メイン写真のかかと上げといて前傾が歩行モードになっていない所のツッコミは抜きで…笑